研修・勉強会の特徴

毎月2回、勉強会を開催しています

毎月二回水曜日の午後の休診日を活かして計画的に勉強会を
して技術・知識を上げていきます。
柔道整復師は外傷固定、鍼灸師はトリガーポイントを資格者
の使命として習得していき、そこから矯正治療、トレーナーの知識、経絡治療、不妊鍼灸など、段階を追って学んでいきます。

アウトプットで知識を定着します

各勉強会でスタッフがインプットしてきた知識は、院内勉強会にて随時アウトプットしていきます。アウトプットすることにより確実に知識として入っていきます。

外部の講師と接する機会もあります

のぞみでは、外部講師を招いて勉強会も定期的に開催しています。矯正・鍼・トリガーポイントといった治療に関する講師はもちろん、トレーナーの方や、栄養学、人間学、マナー講師の方など多岐にわたるジャンルのプロフェッショナルと接する場を儲けています。
そのほか、必要であると認められたものなら外部研修への参加費用も一部負担しています。
学ぶ意欲が強い方がどんどん成長できる環境がのぞみにはあります。

人としての成長もフォローします

階層別研修(新人、現場、主任、幹部など)も定期的にあります。
治療の技術だけでなく、人として、社会人としてのあり方も
学んでいくことで、将来の夢を実現する力を蓄えていってください。

小川院長から

私がたくさんの患者様と接しながら、日々感じていることは、私達のぞみ整骨院グループがこれまで蓄積してきた技術や、人としてのあり方を、多くの人に伝えていきたい、ということです。
私達は、もし今この指が、この手がなくなったとしても社会の皆さんにお役に立てるような人財を育てていくことを目指しています。
そのために治療技術はもちろん人としてのあり方、生き方にもフォーカスした様々な研修を通して、本当の意味での豊かな人生を送ってもらえるよう、スタッフたちとの関わりあいを大切にしています。